トップイメージ

乗用車の《全損》とはその名の通り愛車のすべてが壊れてしまったこと走ることが出来ない等自動車としての働きを果たせなくなった状況で言われますが、自動車保険で定義されている『全損』は多少異なった意味合いが込められていたりします。

自動車保険のケースでは自動車が損傷を受けた場合では《全損と分損》という風に2つの種類振り分けられ、《分損》は修復費が保険金でおさまる場合を言い、それとは反対に〈全損〉とは修復の費用が補償金の額より高い状況を言います。

一般的に、自動車の修理で【全損】という場合エンジンに修理できない破損が起こったり、乗用車の骨格が変形して修復が難しい時再利用か廃棄と結論付けられるのが普通です。

自動車の事故が起きて販売会社や保険屋さんがこのような修理の費用を見積もりした時に、どんなに見た感じが問題なく修復ができる時でも修復の費用が補償額よりも大きくては何の目的のために車の保険にお金を払っているのか分からないです。

こういった場合は、《全損》と考えて自動車の権利を保険会社へ渡し保険額を受けとるシステムとなっています。

もちろんの事ですが長い間使用した愛車で愛情があり、自分でお金を出して修復をしてでも運転したいとおっしゃるドライバーは多く存在するので状態にて保険会社と話し合うといいと思います。

さらに、自動車の保険によってはそういった状況が想定され特約などの《全損》時のための特約ついているケースが存在したとえ自動車が『全損』なってしまっても新車購入必要費用を一定分払ってくれる時もあります。

なおかつ盗まれた際の補償金の特約をつけるならば被害にあった乗用車が見つけることができない時でも【全損】とされ、補償されるシステムになります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.abercrombiefitchjp.org All Rights Reserved.