トップイメージ

『全損』とは文字通り全部が故障した状態、言い換えれば走れないような車としての機能をできなくなった状況で判断されますが、自動車の保険で言う《全損》は少なからず異なる内容が込められていたりします。77-6-71

保険のケースでは車が壊れた場合では「全損と分損」などと分類され『分損』は修理のお金が保険内でおさまる状況を表しその場合とは反対に【全損】とは修理のお金が保険金の額より高くなることを示します。77-11-71

一般的には、車の修理で《全損》という場面ではエンジンに修復できない損傷が起こったり自動車のフレームがいびつになっていて修復が難しい場合、リユースか廃車と決められるのが当然です。77-17-71

自動車事故が起こってディーラーや自動車の保険会社がかかる修復のお金を見積もりした状態で、いくら見た感じがきちんとしていて修理が可能である状況でも修理の費用が保険よりも大きかったらどうして乗用車の保険お金を払っているのか分からなくなってしまうでしょう。77-15-71

そのような場合では【全損】と判定して愛車の所有権を保険屋さんに譲って保険金を頂くことになっています。77-2-71

もちろんの事ですが長い年月乗った愛車で執着があり自分でお金を出して修復をしてでも所持したいという方はかなりいるので事態によって保険会社と確認しあうといいでしょう。77-3-71

なお、自動車任意保険ではこういう時のために車両全損時諸費用補償特約等の全損時のための特約ついているケースがあり、例え、自家用車が(全損)なった場合でも車を買い換えるなど代金を一定分もってくれるケースも実在します。77-16-71

なお盗まれた際の補償の特約をつけているならば、被害にあったマイカーがどこかへいってしまった際でも『全損』と判断され、補償金が支払われるサービスになっています。77-8-71

77-12-7177-13-71

サイトMENU

Copyright © 1998 www.abercrombiefitchjp.org All Rights Reserved.